FC2ブログ

フォトダイアリーZV

日常のひとコマを写真で綴るブログです

菜 園 の 苗 が 全 滅 です

5月28日・29日 二日間降り続いた雨で
野菜の苗「スイカ・カボチャ・ゴーヤ・オクラ」が
全滅です

カボチャの苗は 近所の方に 約10本 頂いたので
これから 大事に育てます

ゴーヤとオクラの苗は ホームセンターで 
各2~3本でも 明日 買うつもりです

29日に 接近した台風の影響は と 心配だったが
チンゲン菜とエンドウとインゲン豆は 無事でした
DSCN1413.jpg

DSCN1414.jpg

エンドウとチンゲン菜は 今日の夕食にと
収穫しました 
自分で育てたものは やはり美味いです

自宅から 畑までは 20㎞の距離があって
毎日 通うには やや遠すぎる
週に 4日くらいは 行くようにしています

野菜を育てるのも なかなか難しいです

青空市場に出荷できるような 立派な野菜を
育てることは 無理ですね



5月28日の 記事に コメントがあったけど 
都井岬の野生馬は Rin君の化身だったの??
エエエ---ッ 気が付かなかったぁ- 

 
スポンサーサイト
  1. 2011/05/30(月) 18:23:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九 州 路 ドライブ (最終編)

5月20日 今日の予定は 椎葉村を抜けて 高千穂峡へ
・・・その先は 未定

宮崎市を北(東)?へ進み R268からR265へ
深い山間の道を進む  椎葉村の手前で 給油する
Gスタンドの お兄さんに このルートで 高千穂峡に
行くことを伝えると 3時間くらいはかかりますよと
やや心配そうな表情・・・

走りだすと あの表情の意味が解ってきた
道幅3メートル前後 それ以下のところもある
常にカーブ  直線が 50メーターと続かない
曲がりづらいカーブもある
DSCN1366.jpg
滝を見つけて停車 緊張をほぐす オアシスだ
常に 対向車が来たら どうなるだろうか?!の心配

ここで 2人乗りのデートバイクとすれ違う
約1時間半くらいの間 対向車は これ以外なかった

速度は 時速30㎞くらいしか 出せない

元来 私は 山間の狭い道が大好きだ(小型車の時)
緑や紅葉の木々を 愛でながら走っていると
ドーパミンやらアドレナリンやらが ドパドパと
湧き出してくる

今回は 少し様子が違う 不安が先に立つ

なんとか乗り切った 椎葉村でも広い道路に出た

高千穂峡に近づいて ハンドルを握る手が 緩んだ

DSCN1380.jpg

DSCN1387.jpg
ボートに乗ったり(30分1500円) 周辺を歩いたり
時間が ゆっくり流れて行った

さあ この先どうする?  
阿蘇山まで行こう と なり  南阿蘇・高森温泉で宿泊
一室だけ空きがあったので 宿泊OKとなった(ラッキー)


5月21日 天気に恵まれた旅だったが 今日は曇り
雄大な景色の中を 阿蘇山へ向かう
DSCN1406.jpg

DSCN1401.jpg
以前は 噴火口を覗いたこともあったが 
今回は 噴火していて 火口への道路は 通行止めだ
DSCN1409.jpg
ここでも 倉敷ナンバーの老夫婦と 会話する

これで この旅も完結です 
熊本ICを 11:22に乗り---佐波川SAと 福山SAで休憩---
--自宅着16:△△ 

この旅で 色々な方と出会い 会話し また
無計画な 私たちを 受け入れて下さった 
宿の方々に感謝です 
 
  1. 2011/05/28(土) 11:51:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九 州 路 ドライブ (その5)

5月19日 ホテルの庭で 記念撮影
DSCN1319.jpg
本日も予定通りの行程で 進むことを祈って 出発

霧島から えびの高原方面に進んでいると
新萌岳噴火のため 道路が閉ざされ 通行止めだ

左にとって えびの高原から小林市に下る
宮崎自動車道 小林ICを入り 田野ICを抜け
R222 R220で日南海岸に出る
DSCN1327.jpg
どこまでも続く 青い海を見ながら レストランの
テラスで昼食タイム 景色がいいと 高価でない食事も
美味さ倍増です

南国の青い海を左に見ながら 都井岬へ快走
DSCN1333.jpg

DSCN1352.jpg

DSCN1353.jpg
温かい日和で 馬も出迎えてくれます

野生馬とは思えない おとなしさです

新潟の男性が 馬と記念撮影しようと
一人で頑張っているのを見かねて
シャッターを押しましょうかと 声をかけた

彼は 馬に近づき 頭をさわったが
馬は 気にもとめないで 草を食べていた
これは ベストショットでしょう?!

しばらく 散策して 今来た道を引き返した

今度は 日南の青い海を右に見ながら 宮崎市へ

DSCN1360.jpg
日南海岸 鬼の洗濯板が 広がる
文明の進んでいる 昨今 鬼も 洗濯機で
洗っているのでは なかろうか

今夜の宿泊を 青島にしようか はたまた
宮崎にしようかと 迷いながら 宮崎に着いた

結果で 振り返ると 宮崎のビジネスホテルより
青島の 観光ホテルが 良かったのではないか?


 
  1. 2011/05/26(木) 14:17:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

九 州 路 ドライブ(その4)

5月18日 鹿児島市内のホテルで 朝を向えた
今日も 天気は上々 さあ出発だ

新幹線開通で賑わう 鹿児島中央駅に行ってみた
DSCN1304.jpg
意外と 静かです GWの後だから ですか?!


市街地を少し走ると 城山公園に着く
しばらく 散策していると ここも過去とは
様子が違う  西郷隆盛の像が あったはずだが・・と
土産物店で聞いてみる  観光客から 時々聞かれます
今は 美術館の横に立ってます とのこと

DSCN1306.jpg
錦江湾に浮かんだ 桜島が 美しい
噴火が おさまって 穏やかです

錦江湾を右に見て進むと 仏厳園(磯庭園)がある
満杯の駐車場の空きを見つけて 入った
DSCN1310.jpg
桜島が また 噴火した 庭園より 山が気になる
あの 灰が こちらに来ないうちにと 先を急ぐ

温泉が点在する 山あいの道を 霧島高原へと向かう
DSCN1314.jpg
地獄谷の湯気と云うか 煙なのか 異臭がする
善良な市民の私は あそこで焼かれることは
よもやあるまい

駐車場の 私の横に 福山ナンバーの車が止まった
隣の県のよしみか 話しかけてきた

彼は これから 椎葉村に向かうようだ

そこへ 倉敷ナンバーのバイク二台が来た
彼らを交えて しばらく談笑した

午後2時 まだ陽は高かったが 霧島ホテルに
宿泊することにした

温泉は 大きいし 数も10個以上あった
高級ホテルにしては なぜか うれしい低価格

今後のコースを確認していると 明後日 
福山の彼が向かった 椎葉村を通過することに
なっている  どんなとこか 楽しみだ

午後3時の チェックインから 何度も なんども
温泉を楽しんだ  
  1. 2011/05/25(水) 21:08:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九 州 路 ドライブ (その3)

5月17日 吹上温泉を出て R270を枕崎へと向かう
枕崎は 大きな漁港で 周辺には 鰹製品の工場が多い
焼酎の大きな看板も目立つ

R226を走っていると やがて 開聞岳が見えてきた
ちょっと寄ってみたが 全景が見られない
開聞岳を見るには 少し離れたくらいがいい

長崎鼻から見る開聞岳は 素晴らしい
DSCN1268.jpg
灯台の見える海岸を しばらく散策し
土産物店で ソフトクリームを食べながら 
話していると お店の方が 近いほうのフェリー乗り場
と 時間を調べてくれた ありがたい情報だ

教わった フェリーで 指宿側から 大隅半島 根占町に渡った

各地で 同じ方たちを見かけると どちらからともなく
会話が始まる このフェリーでも 同じ目的地が 3組いた

佐多岬 高度成長期の頃とは 面影も変わっていて
訪れる人は まばら 
DSCN1284.jpg
駐車した 私の車の横に ビッグスクーターが止まった
東京 練馬のナンバープレートだ 
ヘルメットをとると 70歳くらいの 細身の紳士だった
DSCN1286.jpg
ここまで 1600㎞ 遠いから疲れたと 微笑む顔が凛々しい
宗谷岬のステッカーを見つけて 訊ねてみると
北海道を周ったと云う 鉄人爺ちゃんですね

お気をつけてと 別れた

今来た 同じ道を引き返し その先は 桜島だ
今日の宿は 桜島の古里温泉と 決めていたが
噴火の煙が降ってきて 車の窓に黒い幕を張ったようだ

宿泊先を 鹿児島市に変更し フェリーに乗った
DSCN1299.jpg
桜島の 右にたなびく雲が 噴火の煙です

風の向きが変わると 鹿児島市内にも 灰が降ってくるかも

夕方なので これ以上は 走れない
  1. 2011/05/24(火) 20:42:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九 州 路 ドライブ(その2)

5月16日 植木温泉を出て 天草5橋に向かう
DSCN1253.jpg
私としては 天草四朗の歴史的背景を 少しでも
知りたいと思っているが ・・・だから 田原坂も
見ておきたかった   そういったものが好きでない
ワイフにいつも 押されている(可愛そうなわたし

天草諸島をささっと通過し 牛深港に着いた
DSCN1259.jpg
九州旅行中に 地元の女子高生が ハイヤ踊りを存続
させようと頑張ってる TV番組をみた 感動の場面もあった

フェリーで 鹿児島・長島町に渡った
最初の計画では 阿久根温泉に 宿泊するつもりだったが
時間的余裕があったので しばらく走って 
市来の湯之元温泉に 泊まろうと 宿を当たった

あいにく 満室でと 断られた
R270を南下して 吹上温泉に宿を求めた
快く受け入れていただいて ほっとした

旅は まだ続くので 今夜も いい温泉に入って
満足の 朝を向かえよう 
  1. 2011/05/23(月) 19:54:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九 州 路 ドライブ (その1)

5月15日 AM8:20 自宅発 山陽ICから西進
山陽自動車道を ひた走る  最初の休憩が 宮島SA
200㎞を過ぎた地点で トイレ休憩

山口県で 中国自動車道に入り 下関へ
壇ノ浦SAで 昼食タイムにしようと 駐車場へ着けた

ここは トイレが遠いし 階段があるので・・・と
ワイフが 言いだした

数分止まっただけで 出発した
関門海峡大橋を渡り 九州自動車道を進む
古賀SAで やっと昼食に ありついた

熊本ICに着いたのが 14時少し過ぎ
まだ 観光ができる時間なので 熊本城へ向かう
DSCN1243.jpg
かなりの数の観光客がいる  駐車場が満杯なので 
市内の近くを ひとまわりしてきた

昔 訪れたときと イメージが違う
等と言いながら 散策した

DSCN1251.jpg
城の前で 新郎新婦が写真撮りをしていた
風が強くて 大変な様子だ
親族の方に 一応許可を得て 撮影した

私は こんな場面に ときどき遭遇する
幸せな何かを・・持っているのだろうか
喜びごとっていいですね

少々疲れたので 予約の温泉に向かった

植木温泉の湯が 素晴らしい
石鹸をつけているくらい ヌルヌルしている
きゅっきゅっとする湯もいいが
ヌルヌルしたアルカリの強い湯が 大好きだ

一泊のうち 少なくても 3回 多ければ 5回は
湯に浸かります
料理も凝っていて 至福の時を 過ごせました

 



  1. 2011/05/23(月) 17:12:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨 は 三日も いらない

5月10日・11日・12日 連続三日間 降り続く雨

二日目までは 家で おとなしくしていた
三日目になると 身体の中の虫が うごめき出した

畑に行っても 仕事にならないし

小雨になったので 車に乗って 取り敢えず出かけた

西大寺から 九番に出て 海沿いを 三番に向けて進む
DSCN1221.jpg
雨もようの 海の向こうに霞む 児島湾大橋

DSCN1227.jpg
新岡山港 近くの 公園を ぶらり散歩

黒い ねこ が迎えてくれた
DSCN1224.jpg
ネコに 話しかけたが 早く向こうに行けと
言わんばかりの 態度

ネコに追われて 小串を周り 先ほど渡った 児島湾大橋に
戻ってきた

三時間足らずの ドライブだったが 
私の 身体の中の うごめく虫は おとなしくなった
  
  1. 2011/05/13(金) 20:47:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読 書

数か月前に読んだ本です
記事ネタが ないときは これでいきます
DSCN0850.jpg
藤原正彦 著「祖国とは国語」 二回目読破
ちいさな子供のときから 英語を勉強をさせるより
母国語を キッチリ勉強することが大事
そして 国の歴史を 知らなくては 
外国へ出たときに 恥をかく と説く 


坂本 勝 監修「古事記と日本書紀」  四回目読破
古代の 人々や 天皇の 名前が 難しくて 覚えられない
神話としての 要素がかなりある


有吉佐和子 著「青い壺」  2回目読破
日本人の陶工が 作成した 青磁の壺が
転々と 人手に渡り 外国へ行った

日本人の学者(鑑定士)が 見つけて
青磁の本場の 古物名品として 戻ってくる

「古事記と日本書紀」以外は 古書店にでも
持っていきたい 

  1. 2011/05/12(木) 20:50:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拝啓 マー君 様

昨日 行きつけの病院で 血液検査を行なった

総コレステロール数 380~400が 
15年くらい続いた

ここ数年は 330~300くらいになった
今年の2月には 290と やっと300を切った

そして 4週間前から 一部薬が 変わった

マー君に 紹介してもらった「緑でサラナ」を
飲み始めて 約2カ月
DSCN1220.jpg
粉末納豆を 一日2回 

約一時間の ウオーキングも 一カ月を過ぎた

それらの 相乗効果が 現れた(と思っている)結果が
総コレステロール 264
LDL  171
私にとっては あきらめていた 信じられない 数値です

もう ひと踏ん張りして 並みの人間の 正常値に
なるよう 努力します

おかげさまで ありがとうございます
また 報告しまぁす
  1. 2011/05/08(日) 15:59:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

R250 沿線

兵庫県竜野市の海岸線にある 「道の駅 みつ」
DSCN1210.jpg

DSCN1209.jpg

DSCN1208.jpg
道の駅の 裏に広がる 播磨灘 
海岸を 散歩している 家族連れ
風はやや強いが 波はおだやか

昼食に 海の幸を いただき R250を西進

DSCN1211.jpg

DSCN1214.jpg
室津漁港を 眺めながら 相生市まで戻る

道の駅「白龍城」の一角にある ペーロン温泉に着いた
DSCN1215.jpg
三時間余り ラドン温泉を 堪能した
昨日(5/5)までは 混雑していたようだが
今日は お客さんも 少なく のんびりできた

瀬戸内海の 美しい景色を 眺めながら
走る R250の ドライブは いいですね
 
  1. 2011/05/08(日) 14:53:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誕生日

会社に出勤しなくなって はや一カ月少々

やっぱり 誕生日は 今年もやってきた
これ以上 年は重ねたくないのにね

毎日 忙しく ほぼ同じリズムで 動いている
そんな中 私の誕生日を 忘れないでいてくれた
同胞に 感謝!!

バースデー メッセージが 三件 メールで寄せられた
そして なんと プレゼントまでが 届いた
DSCN1201.jpg
岐阜県中津川市からの お取り寄せスゥィーツ
「竹炭生クリームロール」

珍しい物を との 気遣いが嬉しい

そして ワインとケーキ
DSCN1205.jpg
それぞれが 美しく 輝いています

輝いている 皆さんの 心遣いに 感謝です
本当に ありがとう ございます
 
  1. 2011/05/08(日) 14:22:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大根島 牡丹の郷

5月の初日 鳥取県米子市へ向けて 車を走らせる
第一の目的は 島根県・大根島の牡丹
第二の目的は 「日本海」での 昼食

目的の お店に11時5分くらいに着いた
昼食には やや早い気がしたが 空いている時間帯なので
入ることにした
DSCN1167.jpg
うまい魚料理に 舌鼓(画像はありません)


境港市へ向けて走ると 「大根島」への標識
DSCN1189.jpg
海上から かなり高い橋を渡ると そこが 牡丹の島

DSCN1199.jpg
(自宅で アマリリスの横に並べたところ)
牡丹園を二軒回って 物色して 購入
一輪咲いていて 蕾が二つある 赤い色のものと
まだ 蕾がない 黄色の苗木  二鉢購入

一昨年までは 二本のボタンが 美しく咲いていたのに
昨年 移植したために 枯れてしまった・・・残念です


まだ 時間があったので 観光することにした

DSCN1194.jpg

DSCN1190.jpg
美保関漁港と 灯台です

数十年ぶりに訪れて 若かったころの記憶が よみがえった
時間の流れとは ずいぶん 恐ろしいものですね
  1. 2011/05/02(月) 20:59:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1